スマホ老眼とは?若い時から気を付けておきたい老眼の対策方法







スマホ老眼とは?若い時から気を付けておきたい老眼の対策方法

20代・30代なのに近くが見えにくい、ピントが合わせにくい……といった老眼の症状を感じることはありませんか?

スマホ老眼とは?若い時から気を付けておきたい老眼の対策方法

特に、スマートフォンを長時間に渡って見続けた後は要注意。

遠くがぼやけたり、近くにピントが合わせにくかったりと、スマホ老眼の症状を感じる場合があります。

 

現代人の生活に欠かせないスマートフォンは、つい長時間見てしまうことも多く、スマホ老眼は多くの人にとって身近な問題です。

 

この記事では、スマホ老眼の症状や原因、対策方法などを解説します!

若者も要注意!スマホ老眼とは?

スマホ老眼とは、「近くのものが見えにくい」「ピントが合わせづらく、ぼやける」といった、老眼に似た症状のことを言います。

 

そもそも、目はレンズの役割を担う「水晶体」と、レンズの厚さを調整する「毛様体筋」という筋肉を使って、ピントを合わせています。

毛様体筋を緩めたり緊張させたりすることで、水晶体の厚さが変化し、遠くや近くのものに焦点が合うようになっているのです。

 

通常の老眼は、加齢とともに水晶体が硬くなり、厚さを調節できなくなることで現れます。

一方で、スマホ老眼は、スマートフォンを長時間見続けることで毛様体筋が緊張し、ピント調節ができなくなる症状です。

 

老眼が40歳頃から現れるのに比べて、スマホ老眼は20代や30代、さらに10代の若者にも見られます。

スマホ老眼の3つの症状

スマホ老眼を自覚するためには、具体的な症状を知ることが大切です。

ここでは、スマホ老眼の3つの症状を紹介します。

1.遠くが見えない

スマートフォンを長時間見続けた後、遠くが見にくいと感じたことはありませんか。

小さい画面を近い距離で見ている間は、目の筋肉が緊張し、水晶体が厚くなっている状態です。

 

近くを見るために緊張状態を続けていると、筋肉がこわばり、遠くを見るためのピント調節ができなくなります。

そのため、スマートフォンを長時間見た後は、遠くが見えにくいということが起こります。

2.ピントが合わずぼやける

近くを見る時に「ピントが合わずぼやける」というのも、スマホ老眼の症状の1つです。

 

日常的に近距離でスマートフォンを見続けていると、常に目の筋肉が緊張している状態になります。

ピントの調節は筋肉の収縮によって行っているので、筋肉を酷使すると、調節機能が低下してしまうのです。

 

調節機能そのものが低下してしまうと、スマートフォンを使用した直後でなくても、ピントが合わずにぼやけてしまうので、注意が必要です。

3.休んでも目が疲れている

前よりも目が疲れやすい、休んでも目が疲れていると感じたら、スマホ老眼かもしれません。

目の奥が痛い、充血する、目が乾くといった症状も、スマホ老眼の症状の1つ。

 

症状を放置し、目を頻繁に酷使すると、目の老化や視力の低下だけでなく、肩こりや頭痛の原因にもなるので注意してください。

 

また、夕方になるとスマートフォンの画面が見にくくなるというのも、スマホ老眼の可能性があります。

スマートフォンを見る時間を決めて、こまめに目を休めることが大切です。

スマホ老眼が進む原因って?

スマホ老眼の症状が現れる原因は、主に次の2つがあります。

  1. 目の筋肉の酷使
  2. ブルーライトによる目の疲労

 

1つ目の「目の筋肉の酷使」は、 目がピントを合わせる時に使用する毛様体筋の使いすぎです。

近距離でスマートフォンを長時間見ると、毛様体筋を酷使している状態になっています。

日常的に酷使していると、筋肉が疲労し、ピントを合わせにくくなるのです。

 

2つ目の原因は、ブルーライトです。

スマホ老眼が進む原因って?

ブルーライトは、スマートフォンやパソコンの液晶画面に使用されているLEDから、放射されています。

紫外線の次に強い光と言われるブルーライトは、目の奥の網膜まで届く、強いエネルギーを持っています。

強い光を多く浴びることで、光の量を調節する「虹彩筋」に負担がかかって目の疲労度が高まり、スマホ老眼を引き起こすのです。

 

【合わせて読みたい記事】

ブルーライトを発する機器や機械とは?その影響や対策法について

スマホ老眼の対策5選

スマートフォンの利用をゼロにはできないですが、スマホ老眼はできるだけ避けたいですよね。

ここでは、スマホ老眼の対策を5つ紹介します。

1.定期的な休憩

スマートフォンやパソコンを使用する時は、長時間の使用を避け、こまめに休憩をとりましょう。

 

SNSや動画サイトなどを見ていると、つい数時間経ってしまうことはありませんか?

1時間利用したら5〜15分ほど目を離すようにすると、目の筋肉が休まります。

また、目をつぶったり、遠くを眺めたりするのも効果的です。

 

意識的に休憩をとり、目の緊張状態を和らげることをおすすめします。

2.目とスマートフォンの距離を離す

目とスマートフォンの距離をできるだけ離しましょう。

スマホ老眼は、小さい画面を近くで見続け、目の筋肉が緊張状態になることで、ピントが合わせづらくなる症状です。

 

そのため、物理的にスマートフォンを離して見ることが、目の負担軽減につながります。

目安は、30〜40cm以上、顔から画面を離すようにしましょう。

目とスマートフォンの距離を離す

また、ブルーライト対策に、ブルーライトカットモード機能を使うのことも検討してみてください。

3.6時間以上の睡眠

十分な睡眠も、スマートフォンやパソコンによる目の疲労回復に効果的です。

 

スマホ老眼は、目の筋肉の酷使によって引き起こされる症状。

目は起きている間ピントを合わせ続けているので、睡眠を十分にとり目を休めることは、スマホ老眼の予防や症状の改善に役立ちます。

 

睡眠時間が十分でないと、目が休まる時間が少ないので、最低でも6時間以上の睡眠をとるようにしましょう。

6時間以上の睡眠

4.目の周りを温める

まぶたや目の周りを温めるのも、スマホ老眼の予防に役立ちます。

 

温めることで、血流が良くなり、ピントを合わせるための毛様体筋がほぐれるためです。

寝る前に目を温めれば、就寝中に目の疲労物質を取り除きやすくなる効果が期待できます。

 

目を温める方法は、レンジで温めた蒸しタオルや、市販のホットアイマスクなどを使用すれば簡単です。

また、オフィスや外出先で疲れを感じた時には、温かい手を優しく当てるだけでも効果があります。

 

【合わせて読みたい記事】

目を温める?冷やす?状態に合わせた目のケア方法とは

5.スマホ老眼対策のトレーニング

目の調整力を鍛えるためのトレーニングもおすすめです。

 

顔や体を動かさず、視線だけをぐるぐる回したり、上下・左右に動かしたりなどしてみてください。

 

筋肉を様々な方法で動かすことで、トレーニングになり、スマホ老眼の予防につながります。

日常的なスマホ老眼対策をしよう!

現代人にとってスマートフォンは生活に欠かせない存在です。

1日の中で見る時間が多く、スマホ老眼になる可能性が高い人も多いのではないでしょうか。

 

また、ブルーライトを発するパソコンやタブレットを使う時にも、スマホ老眼のリスクがあります。

 

スマホ老眼は一時的な症状ですが、対策を行わなければ、視力の低下や目の老化をまねきます。

悪化を防ぐためにも、本記事を参考にスマホ老眼対策をしてみてください!

スマホ老眼とは?若い時から気を付けておきたい老眼の対策方法まとめ

スマホ老眼のことならアイケアサロン「目の美容院」にお任せ!

<店舗紹介・アクセス情報>

  • 目の美容院 渋谷サロン
  • 〒1500041 東京都渋谷区神南1-11-5 ダイネス壱番館渋谷306
  • 電話番号:03-5422-3244
  • 営業時間:10:00-20:00(定休日:なし)
  • URL:https://menobiyouin.com/