これであなたも目力アップ!目を大きく開く方法とは?







これであなたも目力アップ!目を大きく開く方法とは?

あなたは誰かの顔を見る時に、まずどこに目がいきますか?

顔、ヘアスタイル、目…など視線は顔周りに集まることが多いと思います。

もちろんそれは他の方も同様で、大抵の場合、顔周りの印象を良くしておくことが、第一印象を良くするためのポイントだと言えるでしょう。

特に顔の中で目がいくのが、目元ではないでしょうか。

今はコロナ禍でマスク生活を送っており、口元がなかなか見えませんが、目元だけでも相手の感情が伝わってきますよね?

目は自分の気持ちを伝えたり、相手に印象づけるのに、大きな役割を果たしていると言えます。

そこでやはり気になるのが「目力」。

では魅力な目元を作っていくには、どうしたらいいのでしょうか。

今回はそんな目力をアップさせる方法をお伝えしていきます。

目力で変わる第一印象

目力で変わる第一印象

人と話をする時、目を見て話すという方は多いですよね。
特に今はコロナ禍ということもあり、顔の半分はマスクで隠されているので、余計に視線が目元に集中することが多いです。

元々「目は口ほどに物を言う」と言われるように、目元の印象はその人を印象付ける大切なポイントでしたが、今はそれがより強調されてくるということになります。

パッと見た時の第一印象は目元によって決めると言っても過言ではありませんが、ではどのような目元だと印象が良くなるのでしょうか。

自社で実施したアンケート結果では、

  • ぱっちりとした大きな目
  • 力強さのある目
  • 華やかな目

が魅力的だと感じるという結果が出ています。

魅力的な目だと感じさせるには、目力が大切ということが分かりますね。

加齢で目が20%も小さくなる?!

加齢で目が20%も小さくなる?!

目力が第一印象を良くするのに重要な意味合いを持つことが分かりましたが、加齢と共にまぶたが下がっていき、目の印象が変わってしまうことをご存知でしたか?
状態によっては、若い時と比べて約20%近くも目が小さくなったように見えてしまうこともあります。

ただ目が小さくなったように見えるだけでなく、まぶたが厚くなり腫れぼったくなるため、

  • いつでも眠そう
  • 機嫌が悪そうに見える
  • 快活さがない
  • 老けて見える

など、マイナスな印象を抱かれやすくなってしまいます。

よく、歳をとると皮膚が下がり、目尻も下垂してくると言いますが、相手が受ける印象まで悪くなってしまうのはちょっと困ってしまいますよね。

加齢や生活習慣で目が小さくなる原因は?

加齢とともに重力で皮膚が下がってきてしまうというのことももちろんありますが、目が小さく見えてしまう原因は他にもあります。

パソコン作業やスマホによる目の疲れ

パソコン作業やスマホによる目の疲れ

パソコンやスマホからブルーライトと呼ばれる光が出ていることはよく知られていますよね。

ブルーライトは目の網膜にダメージを与えてしまうと言われています。

そんなブルーライトに長時間曝されていると、疲労が蓄積していって「眼精疲労」と言われる症状が出てくることもあります。

 

目が疲れると、目の周りの筋肉が凝り固まり、血流が悪くなってくることで、目の開きにも影響が出てきてしまいます。

 

なるべく長時間作業するのは避けて、画面にはブルーライトカットのフィルムを貼るのがおすすめです。

ブルーライトカットで目の疲れが変わる?ブルーライトを抑えるおすすめの眼鏡5選 >

目をこする癖がある

目をこする癖がある

目が疲れたり、花粉症などで目が痒くなると手でゴシゴシと目をこすってしまうという方は多いのではないでしょうか。
しかし、この行為はNGです。

まぶたには「ミュラー筋」というまぶたを支えている筋肉がありますが、過度な刺激が加わると段々と筋力が弱まってきてしまうことがあります。

「ミュラー筋」が弱まると、まぶたを支えきれなくなり、垂れ下がってきてしまうため、なるべく目をこすり過ぎないよう意識が必要です。

姿勢の悪さ

姿勢の悪さ

「目の開きと姿勢?」と感じる方も多いかと思いますが、実は姿勢の悪さによって目が小さくなってしまうこともあるのです。
姿勢が悪くなると、骨格が歪んでしまい、顔のパーツを支える筋肉にも影響が出てきてしまいます。
まぶたの筋肉が緩んできたら、目の開きが悪くなってきてしまうので、姿勢を整えることは目力アップに関係してくるのです。

目を大きく開くことのメリット

目を大きく開くことのメリット

目力がアップすることで挙げられるメリットは、第一印象が良くなることが挙げられますよね。
その他にも様々あり、

  • 表情が明るく見える
  • 若々しい印象を与える
  • 相手の記憶に残りやすい
  • 頼りがいのある人に見える

など、目を大きく開くメリットは多くあります。

ビジネスシーンでも目力があった方が印象に残ったり、訴求力があると言われているので、目力を鍛えて損はないと言えるでしょう!

目力アップのおすすめ方法

自力で簡単に行える目力アップのおすすめのトレーニング方法をご紹介していきます。

眼輪筋トレーニング

眼輪筋トレーニング

目の周りには「眼輪筋」と呼ばれる筋肉が存在します。
「眼輪筋」は涙量のコントロールもしているので、疲れ目対策にも効果的ですよ。

  1. 目を閉じ力を入れ5秒間キープする
  2. 目を開き、右回し・左回しとそれぞれ5回ずつ目を動かす
  3. 目の焦点を真ん中に寄せ、5秒間キープする
  4. 視線を右上ギリギリまで持っていき5秒間キープ
  5. 視線を左上ギリギリまで持っていき5秒間キープ

目の筋肉を解していくイメージで、目をあちらこちらに動かし、筋力アップを目指しましょう。

おでこロックストレッチ

こちらも「眼輪筋」を鍛えるストレッチです。

  1. 両手をおでこにあてがい、上へと引き上げるように加圧する
  2. そのままの状態で目をギリギリまで細め、10秒間キープする
  3. 次は目を大きく見開き10秒間キープする

細める時も見開く時も、おでこにシワが寄ったり眉毛が動かないように気を付けつつ、目だけを動かすようにしてみてくださいね。

ホットタオルリフレッシュ

こちらは目元を温めて、血行を良くし、疲労回復を促す方法です。
水に濡らしたタオルを軽く絞り、600wのレンジで40秒ほど加熱します。

タオルが温まったら横になり、目の上に乗せてタオルが冷めてくるまでリラックスした状態で待ちましょう。
筋肉の緊張がほぐれて、目が開きやすくなる効果が期待できますよ。

また目の周りには自律神経の交感神経が副交感神経に切り替わるスイッチがある場所とも言われています。
目元を温めることでリラックス効果も得ることができるのです。

まとめ

目力を上げる方法まとめ

目力があるかないかで、相手に与える印象も異なってきます。
特にコロナ禍で目元以外が見えにくい今、目元の印象は非常に大切なものとなっています。

是非ご紹介した目の周辺の筋肉をほぐすトレーニングなど日々の生活の中に取り入れてみてくださいね。
パッチリとした目元で魅力的な人だと思われるようにしていきましょう!