先日、松屋銀座の店舗研修会がありました。

老舗の歴史を育む「松屋らしさ」をみっちり教わりました。

銀座といえば、ウィンドウディスプレイの元祖でもあります。

建物の高さ、景観も決まりがあります。

(銀座の表通りには赤いポストはないってご存知でしたか?)

全て、街並みの美しさを守り、街全体が一つのディスプレイの如くなのです。

その教えを守り、松屋銀座サロンの商品も綺麗にディスプレイ

のやり直しをしてみました。

IMG_1781

まずは、透明のガラステーブルに演出することにして並べてみます。

ちょっと平面的な感じです。

ディスプレイの基本で、はなるべく目線のとまりやすく高さを出す、

安定感があり見やすいのは商品を三角形に置く事なのだそうです。

IMG_1777

アクリルのキューブ型の台、コの字形のアクリル台で商品を飾り

とっても見やすくなった気がしませんか?

「あら、こんな商品あったの?」と、お得意様からも。

お店の顔、銀座の顔として、ディスプレイの重要性を再認識!

是非、目の美容院 松屋銀座サロンでご覧くださいませ。m(_ _)m